かめさんとちょい呑みナイトⅡ 「串揚げと季節のお料理 さとう」からの「博多 松介」♪

2019.5.6 過去ネタ~!
これってば、昨日のちょい呑み手帖記事の続きで、
1軒目の磯っこ商店で焼き牡蠣10個を、そして、
2軒目のとりかわ宝家では焼き鳥を堪能した
我々一行(かめさんとの二人行です )が
3軒目として狙いを定めたたお店は? と言うと、

ココはかめさんのナイスなチョイスだったよね、

画像


串揚げと季節のお料理 さとうでございます

画像


何だか敷居が高そうな感じだったけど、
こちとら二人ですからね、、もちろん思い切って
踏み入れましたよっと

で、入ってみればきちんとした身なりの料理人と
スタッフの女の子が迎えてくれましてネ、
きちんとした身なりの料理人は(←料理人で
よかろうもん!)腰も低く気さくな方だったので
緊張する暇なんてない感じだったす♪

てなこって、カウンター席に座らせてもらって
ちょい呑みメニュー(おすすめの串揚げ4本と
河豚皮、そしてドリンク1杯)を、ドリンクは
ハイボールでお願いすると、

先ずは

画像


ハイボールが、こげなしゃれた容器で
やってきたでございまする。

では早速、どれどれ・・・ん~ 美味い!!

何だか、一味も二味も違うんでないかい?
丁寧な感じだし、洗練された感じだし。。。

と、そげな風に気をよくしてるところに、

画像


お通しの鶏肉の梅和えがやってきましたョ

ちょい呑み手帖は河豚皮になってるけど、
それから、鶏はムネ肉( ← ささみ?)だったけど、
プリプリ柔らかな食感と言い、梅との相性と言い
コレは、モモ肉じゃダメでしょうね、

とにかく、この後の料理の美味さを予言するような
そげな出来栄えだったとです

して、

画像


ちょい呑みメニューの串揚げ1本目は
ウズラの玉子だったよ♪

で、コレが、

画像


黄味がとろける絶妙な揚げ加減でさ、
うわ、こいつはやられた! ってな感じだったとです。

もちろん側はサクッと揚がっとりましたよっと

んで、2本目は

画像


天然鯛の西京味噌漬けでございまする。

画像


仄かな味噌の風味もだけど、
独特のホロホロ崩れる繊維感みたいのが
バッチシで、これまた掛け値なしの美味さだったす♪

しかし、こうも美味しいのが続くと、
次が楽しみになりますよね、、

さ~て、何が出てくるのかな~~?

画像


そんなワクワク感に応えるように登場したのが

画像


霧島産の無菌豚のバラ肉の角煮でして、
コレはねぇ、柔らかさと言い脂身感と言い
甘みと言い、三拍子そろった美味さで、
当然のごとく、テンションは上がりっぱなし
だったす

ちなみに、合間の丸いのはごぼうです。

画像


最後は大根!

なんだ大根かよ・・・ と思うなかれ

画像


きちんと和風ダシが染みた感じで、あと、
大根そのもののジューシーさも手伝って、
めっちゃ美味かったんですから

次回、ちょい呑み手帖が刊行され
このお店が参戦してくれてたら、間違いなく
再訪するでしょね、、

心底満足したでありまする


なワケで、

大名のまつすけが社員研修のために
臨時休業してたこともあって、オーラスは
春吉の松介にしたでござる♪

まつすけが串6本盛りなのに対して松介は
その半分の3本盛りだけど、お腹の感じが
丁度いい具合だったのと、運が良ければ
ココの名物だと思ってる松介特製ねりと
博多とろ玉がでてくるかも? な~んて
期待がありましたからね

画像


よかった、こっちの松介は社員研修ではなく
ちゃんと開いてましたョ。。。

んが、満席だったのか空いた席の片づけに
時間が必要だったのかは忘れたけど、
しばらく待ってからの入店だったワケで、
さすがの人気ぶりですよね~

そんで、

画像


カウンター席に落ち着いてのドリンクは、
言わずもがなのハイボールで、

コレをチビチビ「やってるところに、

画像


牛串だったっけ?

画像


肉肉しい一本がやってき、
これを食い終わってしばらくしたところで

お目当て一つ目の

画像


博多とろ玉が差しだされたではないですか 、

やった~!!

画像


トロットロだし、周りに巻かれた豚や
そのタレ加減がステキなんですよね
よくぞこげな串を作ってくれたもんだと
改めて美味さを実感させてもらったで
ございまする

で、オーラスは

画像


お目当て二つ目の松介特製ねり!

画像


おっきいよね~

画像


快楽的にジューシーだし、
適度な脂感も味わえるし好っきゃわ~

正しくとりに相応しい逸品と言えますよね
コレで心残りなく家に帰れるってもんですわ

かめさん、お付き合いありがとさんでした
そして、最後まで読んで下さったみなさんも
お付き合いありがとさんでした

おごっそさんでした。
喉の渇きは、さほどでもありませんでした。

串揚げと季節のお料理 さとう:福岡市中央区渡辺通5-3-23
ちょい呑み手帖メニュー 1,000円(ちょい呑み手帖使用価格で、通常は1,620円)



博多 松介:福岡市中央区春吉3-22-23
ちょい呑み手帖メニュー 1,000円(ちょい呑み手帖使用価格で、通常は1,704円)

"かめさんとちょい呑みナイトⅡ 「串揚げと季節のお料理 さとう」からの「博多 松介」♪" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント