春陽軒

H21.8.8 ★日付変わっちゃいましたね・・・
今日は、次男坊と一緒に、飯塚の実家へ帰省しました。
んで、お昼は、以前から行きたいと思っていた、箱崎の「春陽軒」!
かめさんのこの記事に触発されること3ヶ月、やっと行けました。
お初です。

画像


えーっと、確か2時過ぎの入店で・・・
L字型のさほど広くない店内は、先客こそ2名なんですが、
後続客が来るわ来るわ、店を出るときには満席だったんですよ!
なんか、凄くないっすか?

画像


メニューを見るまでもなく、これを頼むと決めていた
「ラーメン」2杯と「焼めし」を注文。

厨房は、無愛想ながらも、たま~に笑顔を見せてくれるおやっさんと、
その奥さんとで切り盛りされてました。
で、おやっさんが料理を作るんですが、
一つ一つの料理を、手間暇かけて作っておられましたね。
特に「焼めし」は、出来上がるまでにかなりな時間が
費やされておりました。

画像


これが、その「焼めし」です。

画像


パラパラ感はなく、しっとりしたタイプの「焼めし」で、
醤油系ですね、味付けは割にしっかり目です。
具は・・・あれれ、覚えてないや。
大きめな豚肉がベロ~ンって入ってたのはインパクトあったけど、
その他は、ほとんど記憶ありません。
でも、トータルでは、かなり美味かったです・・・これが大事!
大半を次男坊に食われたけど、これは満足できる「焼めし」でした。
もちろん、次男坊も美味いと言っとりましたよ !!

画像


そんな風に「焼めし」を食べているところに「ラーメン」登場。
あれれ?ここって醤油ラーメンだったんだ・・・

画像


茶色のスープの上に脂の層ができてます。
どれどれ・・・ん?分からん・・・
タレは醤油としても、ダシのベースが分かりません。。。
あたしのびんぼ~舌には、味の輪郭がピンと来んとです。

でも、なぜか美味いとですよ・・・この辺がよう分からんのやけど
味の曖昧さを感じるにも拘わらず、ぜ~んぜん悪くないとですよ!
なんでやろ???

・・・済みませんね、こんなコメントしかできず。
ご自分の舌で味わってみて下さ~い !!!

画像


具は、チャーシューとキクラゲと海苔とネギ。

画像


チャーシューは、きちんと味がついた武骨なタイプ。
ブタを食べてま~す!みたいな実感が持てて
個人的に大好きですね・・・脂身も混じってるし!

画像


麺は、中太のストレートタイプ。

画像


基本的に中太麺が好きだし、スープとの相性も良かったので
満足できました!
★私見では、このスープには細い博多麺は合わないと思います。
 博多の細麺では、味がすっぽ抜けるんじゃないでしょうかね?
量的にも丁度良かったです。
あ、でも「焼めし」食べてなかったら、替玉してたかも・・・

そんなこんなで店を後にしたのですが、
こういう渋め系のお店が頑張っているってのが嬉しかったです。
もちろん、料理にも満足したのですが、
頑張れ親父~!って思えるところがいいやね!

おごっそさんでした。
喉の渇きは、若干ありました。

画像


ところで・・・
実家の母親も80歳!

画像


ちょくちょく帰省して、刺激を与えるためにも
晩飯を作ってもらってるんですが、いつまで続くのかな

本日のメインは鶏の唐揚げですね。。。
左奥の品は、焼き茄子の味噌和えみたいなもので、
肉じゃがの肉は鶏肉。
で、プチトマトは自作だそうです。
なんだかんだ言いながらも、
やっぱ、母親の手料理っていいものですね!

春陽軒:福岡市東区箱崎1-34-9
ラーメン 450円
焼めし  550円

"春陽軒" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント