何食っても美味そう・・・ 「つくし」で雲吞麺♪

2020.12.29 過去ネタ~!
土曜日だったこの日のお昼は、
家族全員不在をいいことに、チャリに跨り
5月以来となる昭和レトロな中華料理屋さん
荒江のつくしを訪麺してきました

あたし的に、何食っても美味いのでは? と、
密かに思っとる店でして、前回は5月に
今回はラーメンを啜りたくやってきた次第で
ありまする

DSC08071.jpg

この提灯の草臥れ具合なんかもステキですよね

2時前の店内は先客5名の後続はナシ。

DSC08050.jpg

DSC08051.jpg

大将は出前中につき厨房に立つおばちゃんに
雲吞麺を伝えると、先客への提供が終わって
もう一呼吸置いたタイミングで

DSC08053.jpg

こげな一杯が運ばれてきたでございまする

DSC08056.jpg

では早速、どれどれ・・・んまいっ!

コク、ダシ感、脂感、塩梅、どれを取っても
バランスよく調和してるって感じなんよね、
老獪な寝業師、例えは悪いけどそげな言葉が
頭の中を駆け巡ったでごぜぇやす

DSC08055.jpg

具は、チャーシュー2枚と雲吞が5個、
ほんでもって多めのモヤシとネギってな
内容になっとりまして、

DSC08059.jpg

まずもってこのチャーシューの美味かこと

脂身充分だし柔らかいし色気もたっぷりだし。。。

DSC08064.jpg

もちろん雲吞も負けておらず、唇滑り感や喉越しも

そして、

DSC08067.jpg

餡の入り具合もなかなかでしたョ

DSC08061.jpg

麺は、噛みこむと粉っぽさが残るタイプだったか、
んでも、時間の経過と共に気にならなくなったし
それと同時に、スープの馴染みの良さなんてのも
増してくる感じだったんよね、、

グッジョブ!

そげなフレーズが頭をよぎる中一直線的に
完食へと向かったんだけどさ、

DSC08070.jpg

是非とも一生現役で頑張っていただきたいと
切に願ったあたしなのでありましたとさ

おごっそさんでした。
咽喉の渇きは、さほどでもありませんでした。

つくし:福岡市早良区荒江3-15-26
雲吞麺 550円

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント