博多元助 @キャナル

H21.3.25 今日のお昼も外飯です。
高校生の長男坊が春休みに突入したことで
嫁さんが弁当を作らなくなったのが、主な原因っす。
あたし一人のためには作ってくれないんやね、グスン。
ま、外飯は嫌いじゃないので、いいんですが・・・
それでも、太っちゃったり、塩分摂り過ぎちゃったりするのがねぇ。
あ、それと、財布も軽くなっちゃうし・・・

画像


昼前に、所用で天神の街中に出ていて、一段落着いたのが11時40分頃。
じゃ、ちょっとフライングかもしんないけど、行っちゃいますか?
ってんで、向かった先はキャナルシティのラースタ2で、約3週間ぶり。
目当ては「博多元助」か「初代だるま」のどちらか空いてる方だったけど
「初代だるま」は12時前だと言うのに、既に行列が・・・
ならば「博多元助」は?と店を覗くと、よかった!未だ空席ありの状態。
そそくさと「つけ麺」の食券を購入して「300gで!」と言い置き
カウンター席に着席。
ところで、このお店の前回は、昨年末の特別企画のときに来ておりました。
★ちなみに麺は、200g・250g・300gから、同価格で選べます。
 グラム数は、茹でる前の重さだそうです。

画像


12時5分前の店内は、約7割の客の入りと言ったところか。
この時期のラースタは、春休みの学生なんかで結構賑わっておりますが
今日の、ここ「博多元助」は、常に7割程度をキープしていた感じ。
薬院のお店じゃ行列出来てんでしょ?
だとしたら、ここは穴場かも?

画像


はいはい、美味いもの食わせてくれるんだったら、待ちまっせぇ。

画像


画像


結局、10分も待たずして「つけ麺」登場。
、昼時は客の入りを見越して、先に茹でちゃってんでしょうけどね。

画像


でも、この極太麺の茹で上がり具合は、マジで"最高の状態"でした。
クニクニした強いコシの食感と言い、仄かな甘味を感じる小麦の風味と言い
それに、1本々の麺の長さにしても、非の打ち所がなかったとです。
もう、見た目からして「瑞々しい艶が美しか~!」の一言。

画像


ありゃりゃ、上のと同じような写真写りやったですね・・・

つけ汁は、魚介のだしがパワー炸裂ってな感じの、めっちゃ濃厚タイプ。
濃厚やけど、以前食べたときの印象よりもマイルドかも?
麺自体つるっとしてても、つけ汁は遠慮会釈なしに絡んできて
けど、これが全くしつこくなくて、幾らでも啜っていられる気がします。
つけ汁は、表面に海苔の小舟に乗った魚粉とネギが浮かび
底の方には、さいころ状のチャーシューが、4・5個沈んでおります。
チャーシューは、ちょい塩気が強いか。
う~んと、魚粉は、あたしにはパフォーマンスのイメージが強いかな。
スープに溶け込ませても、劇的に味が変わるものでもないしね。
ま、個人的には、あってもなくても、いいのかな、と・・・

それと、蛇足ですが・・・
麺は冷水で締めてあって冷え気味なので、最後の方はつけ汁までも
冷めてしまします。
つけ汁も、最初から熱々ってな訳じゃないし。
これが嫌な方は「あつもり」で頼まれたらいいかと思います。

けど、なんのかんの言っても、美味いものは美味いのであって
300gなんて、あっという間に平らげてしまいましたとさ。
めでたし、めでたし。

画像


〆は、もちろんスープ割です。
無料で提供してくれますよ~。
ネギもサービスされとりますです。
うわっ、ますますマイルドになっちまって、こりゃ飲み易いわ!
しかし、今日の塩分摂取量はヤバイかも?
ほどほどにしとこおっと。

おごっそさんでした。
喉の渇きは、そこそこありました。

画像


食べ終わりの頃に、店員さんにもらったクーポン券。
こりゃ、また行かねば!

博多元助:福岡市博多区住吉1-2-22
     キャナルシティ5階ラーメンスタジアム2
つけ麺 850円

画像


朝、通勤途中に写した、大手門の桜です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック