梅光軒

H21.2.11 今日の昼は、チャリにまたがりキャナルシティへ。
お目当ては、「ラースタ2」最後の未食店「梅光軒」
北海道は旭川ラーメンであります。
いやはや、それにしても、今日はポッカポカですやん。
5月の陽気と言われても信じちゃうかも?
でも、その反面、一昨日あたりから黄砂がすごくて、さらに追い打ちを
かけるように花粉も飛び始めたということで・・・
皆様どうかご自愛下さいませ。
あたしゃ鈍感だから、花粉は何ともないですけどね。

画像


キャナルシティ4階の、ラースタ2へのエスカレーターを
上がり切ると、ドンブリを模した入り口があって
「梅光軒」は入って直ぐの右手に位置します。
で、ラースタ内をパッと見回した感じでは「初代だるま」が
行列こそ出来てないけど、一番の客入りだったですかね。

画像


食券機で食券を買って、店内のカウンター席に着席し
「醤油ラーメン」を注文。
12時15分頃の客の入りは、半分弱程度と言ったところか。
まあ、その後もポツポツと入店者はありましたけどね。

画像


さほど待たされもせず「醤油ラーメン」登場。
大振りなチャーシューとシナチクがゴロンと横たわっております。
先ずはスープ・・・
ん?これは予想(期待)と違う。
もっと、醤油の旨み甘味がくっきり際立つタイプかと想像していたけど
特徴というか、輪郭のはっきりしない曖昧な味やなあ、魚介系の味は
結構強めに感じるんだけどね
びんぼー舌には、何かが足りないっちゃけど。

トッピングは、チャーシュー・シナチク・ネギ。

画像


画像


ホントに大振りなチャーシューとシナチクだと思いません?
んーと、チャーシューはこれじゃよく分かんないか?
で、チャーシューは醤油風味の、見た目ほど堅くない食べやすいタイプ。
個人的にはバラ肉が好きだけど、これはこれで美味いと思う。
そして「西谷家」をも彷彿とさせるシナチク!
こんなにデカクても、筋張ることなくスッと歯が通ります。
味付け薄めで、シナチク本来の味がするような・・・
やるじゃん!本日のトッピングは、なかなかなもんばい!

画像


麺は、北海道にしては細いと感じる縮れ麺。
もちろん、博多のラーメンとかと較べれば断然太いんだけど・・・

画像


だって、ほら「替え玉」まであるんじゃん!
そんだけ細いってことだよね。
なんか珍しくない?
でも、いくら細いったって「替え玉」にかかる時間はそれなりやろ?
どのタイミングで「替え玉コール」をするかが重要やね。
う~ん、今日は止めとこおっと。

画像


味噌ラーメン用の味噌や、塩や、ニンニクなどが置いてあります。
あたしゃ基本的にスープは残す主義で、でも、いつも最後に
別れを惜しむように、2・3回だけレンゲで掬っとるんよね。
で、今回は、その2・3口のためにニンニクを投入してみたところ・・・
すると、なんと、曖昧だったはずのスープがシャキッとしたでは
ありませんか!
思わず、4口・5口と飲み過ぎたやん、罪作りな奴め!
味噌ラーメンには味噌を、塩ラーメンには塩を、そして
醤油ラーメンにはニンニクを入れてこそ初めて完成する
一杯だったのか?
って、んな訳ないか。

終わりよければすべてよし。
なかなか美味かったです、おごっそさんでした。
喉の渇きは少しありました。

キャナルシティラースタ2 HPより

 豚骨・鶏ガラ主体の動物系と魚介系のダブルスープに、野菜の
 甘味を加えたスープは、こってりとあっさりが見事に融合し、
 素材の持つ旨味を余すことなく伝える。麺は自家製の中細ちぢ
 れ麺。加水率が低く、非常にコシがあり、添加物を使用しない
 ため、小麦本来の風味をうまく引き出している。「ラーメンに
 必要なもの」を真摯に受け止め表現する北海道の王道、老舗の
 名店が放つ入魂の一杯。

梅光軒:福岡市博多区住吉1-2-25
    キャナルシティ5階ラーメンスタジアム2
醤油ラーメン 700円

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック